冠婚葬祭で増えつつある永代供養という方法

従来の冠婚葬祭の習慣では、家族が亡くなり葬儀を終えた後は、それぞれの家の墓地に納骨をして亡くなった人の家族がお墓の管理や供養を行うという形が一般的なものでした。

しかし、今日の少子化と高齢化の影響でお墓を維持していくことが難しいという現状が広がりつつあり、永代供養を行いたいと考えている人も多くなっていることから、それに対応したお寺や冠婚葬祭を扱う企業も増えてきています。



永代供養を選ぶ理由には、この先お墓を管理・維持していける子孫がいない、お墓が住居から遠く離れているためお墓参りに行くことが難しい、自分の死後に家族への負担をかけたくない、お墓自体にお金をかけたくない、宗教などに囚われたくない、お寺の檀家制度が好きではない等の様々な理由が挙げられています。

コトバンクの知識が身につきます。

また、冠婚葬祭として永代供養をした場合のメリットは、個々の墓地や墓石を購入する手間やお金を抑えられること、自分が直接お墓参りをしなくても永代供養をお願いしたお寺が遺骨の管理と供養を行ってくれること、最初に納める金額を除いて年会費等の負担がある個人のお墓のような管理費が必要ないことがあります。


遺骨の安置の仕方には、骨壷を故人ごとに専用の場所を用意して安置する方法や骨壷を他の故人と同じ場所に集めて安置する方法、遺骨を骨壷から取り出し他の故人の遺骨と混ざった状態で安置する方法があります。

これらの安置方法は、永代供養を行っているお寺ごとに違いがあり価格も異なるので事前に調べることも大切です。