近年人気を集めている樹木葬

近年少子高齢化や経済の低迷など多くの理由から従来の墓地に対する考え方に疑問を持つ人たちが増えてきました。亡くなった人をきちんと弔ってあげたいけれど、墓石の下に遺骨を埋葬することに抵抗感を感じている人に人気を集めているのが「樹木葬」という考え方です。
元々古くから亡くなった人や動物を樹木の下に埋葬したり、植物の苗などを埋葬した上から植えることは世界中で行われてきた歴史があります。

近年日本で行われている樹木葬は、埋葬許可を得ている霊園などで執り行われるのが一般的で、遺骨を埋葬するたびに樹木を植えることもあれば、もともと植えてある樹木の元に多くの遺骨を埋葬することもあり、樹木葬のやり方は一つではありません。

樹木葬で選ばれる木の種類も実に多様です。

wikipediaの知識を増やしてみませんか。

代表的なのはもみじやサクラ、はなみずき、さるすべりやポプラなど、美しい花が咲いたり樹木が低いもの、いつも青々とした葉を実らせる常緑樹が人気です。
樹木葬のよいところは、どんな宗教でも関係なく利用出来るという汎用性でしょう。
自然を美しいと感じられ、自然や人間の命の尊さが心に響く人には従来の墓地や墓石での供養を行わなくても充分な弔いをすることが出来るでしょう。



墓に対する考え方はこれから先益々時代の流れと共に変化すると考えられており、若い世代だけでなく中高年世代でもこのような新しい埋葬方法を受け入れて実践するケースは増えていくでしょう。

興味がある人は霊園や専門業者に相談をしてみるのがおすすめです。